ゲーム専務

ゲーム情報・攻略を分かりやすく、多くの人に。

Googleアド記事上 メイン上部バナー




Man or Vampire ゲーム スマホアプリ

Man or Vampire オススメキャラ

更新日:

今回の記事はiOS/Android向けゲーム マン・オア・ヴァンパイアのオススメキャラ紹介です。

序盤攻略は別記事にて。

Man or Vampire 序盤攻略 イベントクエスト

今回の記事はiOS/Android向けゲーム マン・オア・ヴァンパイアの序盤攻略です。 どんなゲームか?は別記事にて紹介。 キャラ育成システム解説は記事分けました。 序盤の攻略手順 序盤から無駄なくい ...

続きを見る

 

本作は特殊なガチャシステム故に、特にキャラ入手には困らないのですが

たくさん手に入るとそれはそれで誰を育てれば良いのか?となります。

私見ですがおすすめキャラを紹介。

リセマラも特にいりませんが、強い(お気に入りの)キャラを最初から★4や★5で欲しい!という方は根気よく頑張ってみるのも良いかもしれません。

とはいえ、このゲームは運良く登場してもお金がなければゲット出来ないガチャなので、悔しい思いをするだけかも…。

毎日のログインボーナスで高級スカウト券がもらえる他、イベントクエスト全15種をクリアすれば★5確定スカウト券も貰えます。

キャラは選べませんが、戦力アップであればそれらで十分でしょう。

 

「ウェポンC」やっぱ自動全体攻撃ってラクちん

デーモンハンターの「ウェポンC」、変な名前です。

「先制攻撃」というパッシブスキルを所持しており、戦闘突入時に自動発動、範囲内の敵全てにダメージを与えます。

自動発動(必ず発動)の全体攻撃と貴重なスキルを持っています。ダメージはさすがに控えめですが、雑魚相手には便利。

範囲は戦闘開始時のキャラの位置から周囲3マス以内。

 

ウェポンCを先頭に配置しておき、戦闘突入時に敵の近くにいるようにするのがポイントです。

たき火が見つからなくてたいまつの炎が0%になると戦闘時に敵のターンから開始となりますが、先制攻撃のスキルであればその前に発動し、近くの敵は倒せます。遠くの敵が近寄ってきてくれるので、むしろたいまつの火がないときは有利になりえるほど。

なお、ウェポンCを先頭にするとスキルは最大限に活かせますが、倒せなかった敵がいると集中攻撃を喰らいます。弱めのステージで運用するか、プリーストを編成するなどしましょう。

下記は冒険する地域ごとに、先制攻撃でキルできるダメージ目安です。調査中含む。

下表は「スキル情報に表示されているダメージ」での表記とします。実際に与えるダメージは - 10~ -50と敵の強さによって減らされます。(防御の値?)

冒険地域 [普通]難度 [英雄]難度
霊魂の墓場 110くらい? 300くらい?
忘れられた砂漠 140くらい?
氷の廃墟 160くらい?
溶岩の渓谷 210
混沌の狭間 245で9割は1キル

混沌の狭間での先制攻撃。最終ダメージで200超えれば前半ステージは十分にワンキルできます。
4~5ステージ目はたまに生き残る敵も。

 

なお、主人公もデーモンハンターにクラスチェンジすることで習得可能でした。

二人してダブル発動できるのかは未確認。 → 可能でした。

スキルレベルを上げて、影響パラメータの敏捷を上げれば実用的な周回パーティが作れる?と思いましたが、
二人目が戦闘突入時に敵を3マス以内に捉えにくいので、最大限には活かせません。

また、主人公がレベルの上がらないキャラなので周回目的がレベル上げの場合は噛み合わないのもマイナスでしょう。

 

低レアキャラをレベル上げする意味がある!

そもそも、4人パーティを高レアキャラで固めておけば勝手に成長していくし、低レアをお守りしてレベル上げパーティなんて必要なのか?という点。

今作では意味があります。アカデミーの存在です。

アカデミーではレアリティごとに特定のキャラ指定の固定パーティでバトルをクリアする必要があります。

同名キャラでも、レアリティが違ったら挑戦すらできないので、実用性の低い低レアを育てて挑む必要があります。

詳細はアカデミーの記事にてご紹介。報酬は 対象クラス全員の全能力値10増加、闇の鍵など 貴重なものとなってます。

Man or Vampire アカデミー攻略情報

今回の記事はiOS/Android向けゲーム マン・オア・ヴァンパイアのアカデミーについての説明です。 序盤攻略は別記事にて。   オススメキャラ、クラス一覧はこちら   アカデミ ...

続きを見る

 

「アンナ」 確定入手だけど回復役はRPGの基本

ボーナスオススメ:知能

初期に★3確定で手に入るプリースト アンナ。移動時、離れていようと仲間全体を回復出来るのは便利です。MPもちょっと回復するのがポイント。

本作では冒険から帰ってもHP、MPともに回復しません。冒険中の祭壇だったり、1マス以内の敵から離れたマス移動はその場で回復出来ますが、ムダなくちょこちょこと回復できるのがプリーストの利点。

パラメータも平均的に成長するので、依頼キャラとしても有用です。

なお、どの距離でも回復出来る点から、1ターン目には遠くて敵が攻撃できない最後列(一番右)のパーティ並びにしておくとムダがありません。

 

「クレア」ボス戦向きアクティブアビリティ

ボーナスオススメ:知能

★★★ 習得アビリティである 魔法研究ーライジングスター が目玉スキル。

一定ターンの間、パーティ全キャラの誰が攻撃しても追加ダメージが発生するようになります。

何発も攻撃を叩き込むことになるボス戦向き。

スキルレベルを上げると100ずつダメージが増えるので、恐ろしい火力アップとなります。

Lv. 2.0ターン、50ダメージ
Lv. 2.3ターン、150ダメージ
Lv. 2.6ターン、250ダメージ
Lv. 3.0ターン、350ダメージ
Lv. 3.4ターン、450ダメージ

★★★★ レア4で習得する 魔法研究ー第119号 も広範囲の大ダメージ。パッシブなのが面倒ないのでいいのですが、同じ敵を3回攻撃する事が発動条件なのでボスくらいしか影響しないかな、というところ。周囲の敵だけでなく対象も食らう…よね?でないと意味ないよね…。調査中です。

 

ライジングスターはパラメータ影響を受けませんが、大賢者の基本スキルと、第119号を考えると知能がオススメ。

 

 

「ヘレン」貴重な移動力+1

ボーナスオススメ:力

石弓使いのヘレン。親密度ボーナスが+1(とにかく仲間にさえなれば達成)で移動力+1です。戦闘開始時、移動力がものを言うので貴重。加えて遠距離系クラスなので、パーティで3人目、4人目でも攻撃機会を得やすいです。

アクティブスキルはパーティ全体の攻撃アップという点もボス戦で活躍出来ます。

画像は運良く★4が手に入ったのでステータスが高く感じますが、レアリティ次第でしょう。

 

パラメータ影響のあるスキルはないので、力を上げたらいいでしょう。

 

 

オススメのクラス単位紹介

クラスによって1つ目のパッシブスキルは固定なため、大まかなキャラ運用が決まります。

好みもあると思いますが、私見も含めた解説をば。

編成のオススメ例は数ありますが、とりあえずプリーストか大賢者。

自動回復があるからです。

 

騎士系列

全体的に力が育ちやすく、射程は短いが高攻撃力かつ高耐久。基本的にはパーティの先頭と二人目に配置しましょう。

1~2人が目安。

 

重鎧騎士

攻撃射程

武器 長剣

3ターン毎に憤怒タイルを生成。周囲の敵全てに魔法属性ダメージ+HP回復が可能。

攻撃と回復を両立させた盾役のクラスです。ダメージと回復は力依存なので、力を上げて行けばOK。

 

ウォーリアー

攻撃射程

武器 長剣

一定確率で反撃。Lv1なら17%、Lv2で19%、あまり大きくは確率上昇しない様子。

ただし、射程範囲内に限るので期待はできないのでは…?検証待ち。

 

傭兵隊長

攻撃射程

武器 メイス

最大の特徴はパーティ全体の最大HPアップ(スキルLv x 50)と経験値ボーナス(2.8%+スキルレベル x 0.8%)

スキルレベルを上げれば経験値稼ぎに一役買ってくれそうなクラス。

誰か忘れてしまいましたが、さらにパッシブスキルで経験値ボーナスもった傭兵隊長がいたはず…。

攻撃範囲がナナメなので、攻撃範囲が隣接1マスの近接系クラスと組むと相性がいいです。

 

バーサーカー

攻撃射程

武器 ナックル

毎ターン狂気タイルを生成。タイル上での攻撃は致命数値(クリティカル率)が29%+(スキルレベル x 4%)増加する代わりに、HPが2%減少。

攻撃特化アタッカー。

 

黒騎士

攻撃射程

武器 槍

毎ターン、16+スキルレベル%の確率で攻撃タイルがオーラタイルに変更。
敵を1ターン気絶状態に出来るタイルです。

敵の無効化に加え、全方位攻撃が可能と万能感ある前衛。

 

槍騎士

攻撃射程

武器 槍

機動力が1増加+離れた攻撃タイルが突進タイルに変更。突進タイルは攻撃力が17+(スキルレベル x 2)%増加。

機動力のさらなる増加は未確認。

機動力=移動できるマスが基本的に固定の今作では貴重なスキル。

2~3列目でも1ターン目から攻撃に参加可能…というよりむしろ、突進タイルは離れたところに出来るので、最前列より後ろに編成したほうが本領発揮できます。

複数の敵との戦闘が多いステージで活躍できそう。

 

魔法師系列

修道士

攻撃射程

武器 ナックル

いわゆるモンク。50%の確率で生成される鍛錬タイルで攻撃すると敵の防御を21%無視。(スキルレベル1時)

高防御の敵が登場するのであれば、他のクラスより有利にダメージを与えられるということに。

魔法師系列ということもあり、力が低めで知能が高い傾向。
他のスキルが強くないと活躍しにくいクラスのイメージです。

「レバン」は★1から使えるアクティブスキル「分身の術」が周囲3マス範囲の敵にダメージとスキルターンを1ターン遅延効果で強そう。彼はモンクより忍者のモチーフのようです。

 

 

プリースト

攻撃射程

武器 杖

ターン毎に犠牲タイルを生成、距離にかかわらず味方全体のHPを60~、MPを3~回復。スキルレベル4ではHP110、MP6程度に。ただし知能影響なので一概には数値は断言できません。

タイルは移動範囲のほぼ全てが対象となるので回復機会は非常に多いです。

力が低いものの攻撃範囲も広いので、チェーンアタックの機会がある点で有利。

一人いると、冒険がとってもラクに。特にオート時に安心。役割強化のためにもボーナスは知能に振りましょう。

 

大賢者

攻撃射程

武器 杖

戦闘終了時の1回だけながら、パーティ全員のHPとMPを回復。プリーストよりHPは低めの回復量ですが、MPが大きく回復します。

アビリティをバシバシ使い、敵を速攻で倒していくパーティにオススメの回復役。
特に私がイチオシするウェポンCの先制攻撃のように、プリーストの行動機会が少ない場合は回復できないため、戦闘後に必ず発動する大賢者の方が相性いいです。

アビリティも攻撃的でダメージディーラーとしての役割も期待できるキャラが多い印象。

 

呪術師

攻撃射程

武器 妖術棒

MPが50%以上のとき、魔力タイルを作成。魔力タイルの上での攻撃はMP30を消耗するが、攻撃力29%増加。

1スキルレベルごとに消費MP-2、攻撃力+4%のようです。

魔法師と並び、全キャラでトップの攻撃範囲をほこるアタッカー。攻撃性能はこちらが上か?
通常攻撃は「力」が影響するはずです…。

アクティブスキルは知能依存の攻撃スキルだったりするので、キャラによってボーナスを一本化出来ないとイマイチな性能かも。

 

聖騎士

攻撃射程

武器 メイス

戦闘開始時に生成される祈祷タイルに移動すると、味方全体の防御が17%増加(1.1ターンの間)+免疫効果。

防御だけでなく状態異常も防げるようです。本作は魔法防御もあるけど、そっちはどうなんだろう?

スキルレベル1ごとに2%の防御増加と、0.1ターンの効果時間延長。

 

 

魔法師

攻撃射程

武器 妖術棒

毎ターン30%の確率で生成される研究タイルに移動すると、敵全体の攻撃力と致命が1ターンの間22%ダウン。

デバッファですね。スキルレベル1ごとに確率が+4%、効果値が+2%の強化。

確率に左右されるものの、効果は高めな印象。

 

 

弓師系列

シャドウガード

攻撃射程

武器 弓

毎ターン50%の確率で生成される毒矢タイルの上で攻撃すると、敵に2ターンの間、攻撃力12%分の持続ダメージを与える。

毒という異常ステータスなどではなく、ダメージを与える効果なので、ヒットすれば確定でダメージを与えられるようです。

スキルレベル1→2はダメージが12から14%になるだけ。更に上げるとタイル発生率や持続ターン数が伸びるのでしょうか?要検証。

効き目が遅い割に、そこまでダメージ高くないような気も…。

 

 

弓師

攻撃射程

武器 弓

パッシブのようで、パーティ全体の命中数値+100、致命数値+50。スキルレベル2では+200、+100になります。

元の数値がキャラクター情報にないのでイメージが湧きにくいパラメータ。高いのか低いのか?

加えて、そこまで命中しないゲームではないので少なくとも序盤は恩恵が少なそうです。

 

石弓使い

攻撃射程

武器 ボウガン

毎ターン23%の確率ですべての攻撃タイルを牽制タイルに変更。牽制タイルでの攻撃は敵を押しやり(ノックバック)100%の確率で1ターン束縛状態にする。

スキルレベル2になると23%→26%に。束縛は移動不可能な状態異常でしょうか?

確率は低めですが、間合い取れるのはユニークなスキル。

 

 

デーモンハンター

攻撃射程

武器 ボウガン

毎ターン11%の確率で生成される執念タイルで攻撃すると、敵にもう1度攻撃をする。

スキルレベル2では12%に。控えめ。

ダメージ2倍相当なので、確率を含めた期待値はこんなところでしょう。

 

 

狙撃手

攻撃射程

武器 マスケット

射程では銃士と並び最大。最後列でも1ターン目から攻撃できたりします。

クラススキルは毎ターン、敵との距離によって生成される狙撃タイルで攻撃すると狙撃タイルの段階によって攻撃力が10(+スキルレベル)%ずつ増加する、と書いてあります。よく意味がわかりません。 →【追記】理解できました。

スキル説明にある11%x敵までのタイル数だけ攻撃力がアップした状態で攻撃できます。

11%のスキルレベルで3マス先の敵なら33%、4マス先なら44%という具合。火力高い!

一直線のみとはいえ移動で攻撃範囲は補えるので、結果的に広範囲への攻撃が可能。チェーンアタックも組みやすいです。

 

銃士

攻撃射程

武器 マスケット

 

一斉射撃タイルを生成、タイル上での攻撃は攻撃力が14%ダウンする代わりに、攻撃範囲内の全ての敵を攻撃する。

スキルレベルごとに1%ずつ、ダウン値が軽減されます。

一体を狙うには移動により左右をカバー出来ますが、一斉射撃は敵に四方を囲まれていたり、一直線に並んでる状況でないと複数攻撃にならないので、範囲は思った以上に狭めです。

 

 

コメント募集中!

私もキャラはまだまだ評価しきれていませんし、仲間になってないキャラも大勢います。

皆さんからもオススメキャラがあったらコメントにてオススメの点などを書いていただき、他の皆さんに発信してみていただけたら幸いです!





-Man or Vampire, ゲーム, スマホアプリ

Copyright© ゲーム専務 , 2018 AllRights Reserved.