ゲーム専務

ゲーム情報・攻略を分かりやすく、多くの人に。

Googleアド記事上 メイン上部バナー




グラスマ ゲーム スマホアプリ

新作「グラフィティスマッシュ」結構面白い!

投稿日:

バンダイ・ナムコがスマホ向けにリリースした通称グラスマ。

モンストxスプラトゥーンといった雰囲気のひっぱりアクション。

世間ではパクリゲーと言われて終わるかどうか?という見方もありましたが個人的には結構おもしろかった!
というわけでレビューです。

 

特徴は塗り

モンストとほぼ同じく、引っ張ったらキャラがビリヤードや「おはじき」のように弾かれて飛んでいき、ぶつかった敵にダメージを与えるというもの。リンクコンボ(友情コンボ)やハンタースキル(ストライクショット)にアビリティといったところは同じです。

ギミックとアビリティも良く似ており、レジスパイクは敵が壁に作ったスパイクでダメージを受けない+破壊できる(アンチダメージウォールのようなもの)など。無効化するだけでなく除去できる点がグラフィティスマッシュでは特徴的でした。

加えて塗り。その見た目もスプラトゥーン的なもの。リキッドとゲームでは表現される。

キャラが移動した軌跡はオレンジに塗られていく。この面積が広がるほど、画面上のダメージ倍率に直結、全体のダメージアップに繋げられるというもの。

敵の攻撃によっては塗りを消してくる攻撃もあります。さらには水色に塗りつぶしてくる敵もおり、水色に塗られた部分はモンストでいう重力バリアのようにスピードダウンする「ヘヴィ」効果が発生。レジヘヴィのアビリティを持ったキャラは無効化出来ます。アビリティのないキャラもスピードダウンしながらも塗り替えることで他のキャラが動きやすくする事は可能。

右下にピンクのサークルが出ているが、マルチプレイではタップ+スタンプチャットにより「狙って」、「塗って」といった指示も出せる。この点もモンストよりマルチでのコミュニケーションが増えそう。

 

対人戦は塗り合い!

本作は対人戦も実装。ランクごとにマッチングしてのリアルタイムバトルとなる。

いち早く相手ハンター(キャラの総称)4体を全てKOするか、規定ターン終了時に塗りの面積が多い方が勝ち。

KOされたキャラは数ターンで復活する。

 

キャラごとのスキルと別にグラフィティスマッシュという必殺技が

画面写真のフィールドを見てもらうと床にウォールペイントのような絵があるのがわかると思います。

ステージごとに特定の位置に設定されており、ここを味方側の塗りで90%ほど埋めるとキャラのショットをグラフィティスマッシュという必殺技に切り替えることが可能。

パーティは3体のハンター&召喚獣ともいえる「グラフィティ」を予め編成。このグラフィティによってスマッシュの種類が変わります。

風属性のガルーダは狙った方向とその反対側に竜巻を発生。(極太レーザー範囲)ダメージ+ヘヴィ、ボム、スパイクなどのギミックを除去するといった効果。

属性もあるのでステージごとに有利なグラフィティにすることで他属性ハンターでもダメージアップが可能など。

 

ようはアタリキャラでなくても大ダメージの必殺技が使える、というポイントにもなるのです。

 

武器装備もある

ハンター1体につき1つの武器を装備可能。武器種は剣や銃、杖など様々。

これらの装備により大きく攻撃力やスピードを上昇させることが可能。自分好みにカスタマイズ出来るわけです。

装備は気軽に付け替え可能なので、ステージごとに切り替えるのも手。

 

武器ごとにウェポンアーツというものも設定されており、リンクコンボとは別に友情コンボのような追加攻撃が発生。

剣であれば移動中に360度範囲、短距離に剣を振り回してダメージを与えたり、杖であれば停止時にリング状のダメージを与えるエフェクトが発生したり。

さらにはスロットのある武器もあり、マテリアという宝石のようなものをはめ込むことでステータスアップなどの効果が受けられます。モンストでいう「わくわくの実」ですね。

マテリアが貰えるダンジョンをクリアするとドロップしたマテリアから、パーティ3キャラ全員を対象に武器にスロットがあればマテリア装備可能。余った分は後から装備などは出来ずオーブへと変換されます。

このオーブがまた重要で、「潜在解放」という成長に使えます。白猫の成長システムのようにオーブを消費してキャラごとのボードのマスを進めていくとステータスアップするといったもの。
モンストと同じように「ラック」がグラスマにも存在しますが潜在解放で上げることが出来ます。
その際に必要なオーブは特殊で、ガチャによりキャラが被ったときにもらえる虹のオーブが必要。
ここは白猫によくにてますね。

結構オーブは稼ぎやすい。

 

 

まとめ

ステージも序盤は短めでテンポも良さげ。

どのクエストでも使えるキャラというのが少なく、クエストごとに最適キャラが存在するのはモンストと同じようになるでしょう。
ただし、グラフィティスマッシュとウェポンアーツといったキャラと切り離された要素があるため、適性がいなくともある程度はカバーする事が出来るゲームバランスにすることもできそう。今後の開発に期待です。

2体目以降のキャラは成長アイテムに変換されるため、被ってガックリするガチャではないのもいいですね。

グラフィックも全体的にキレイで私好みであります。

対人戦も結構楽しい。リアルタイムはやっぱり臨場感がありますよね。あんまり殺伐とした感じも受けないのが◯。

どハマリしているわけではないのですがポチポチと遊んでいます。

基本ソロがやりたい、いつでもスリープ出来るのが良い、余り考えずにスカッとするゲームがいい、モンストは飽食気味、という人にオススメ。

 

2017年11月現在のゲーム熱中度

1位:ドラクエライバルズ
メンテさえなければ…。リリースしてまだ2日という事もあり最優先でプレイしているゲーム。

2位:リネレボ
デイリーや今日の活動などはポチポチしている。血盟ダンジョン攻略の集会時は他のゲームより最優先。

3位:女神転生DSJ
3DSなのでどうしても場所と時間を選んでしまう。RPGはやっぱりコンシューマ機。

4位:グラスマ
サクサクっとゲームしたい時に一番。他は通信依存度が高すぎるのです。ソロであればクエスト中も気軽にスリープ出来るのはスマホライク。

5位:黒騎士
スマホゲーでは長続き。半年にもなるのか。ギルバトはログインを心がける。それさえもオートでプレイできるのが魅力。
たまに降臨クエスト行くとスマホでは珍しくアドレナリンが出るバトルが楽しめるのが魅力。

 

 





-グラスマ, ゲーム, スマホアプリ

Copyright© ゲーム専務 , 2017 AllRights Reserved.