ゲーム専務

ゲーム情報・攻略を分かりやすく、多くの人に。

Googleアド記事上 メイン上部バナー




ゲーム スマホアプリ 幻獣物語2

幻獣物語2 序盤フローチャート1

投稿日:

幻獣物語2の攻略記事まとめ 私のリプレイです。

基本的なシステムの説明は以下でしていますので、重複する点もありますがざっとお読みください。

>序盤の進め方

 

本記事は「やること色々あるし、チュートリアル短いからどうやっていけばいいか手順がよくわからんよ!」という方向けの1つのプレイ手順の例です。

もちろん、この通りにやる必要は全くありません、自由なゲームです。とはいえ、慣れるまでは誰かの真似をしてみるとやりやすいかと思います。

もっとも効率が良いというプレイではありませんが以下を目指しています。

「プレイヤーのグレード7、幻獣のクラスSレベル100→転生を無課金で時間と、ゲーム内のお金を消耗しない変化ルートで目指す。」

※ゲーム内のアイテム相場は環境、流行で日々変化します。執筆時の場合であり、各アイテムの相場価格や、変化ルートでの消耗総額は保証できないことをご了承ください。

 

ゲーム開始直後

グレード1、Lv2、クラスF。

始めたばかりは出来ることも限られています。

まずはLvを上げましょう。私は「付喪神」を初期に選択したものとして進めます。

 

討伐

時間のとれない時は討伐でなく、探索に出してしまってOKです。

最初の討伐対象は Lv2 コブンネズミ。シングルで十分です。

Lv3、4あたりでトゲネズミも勝てるかも。

変種カニはLv5で装備を武器・防具ともに装備していれば勝てる程度。装備についてはは次の記事にでも。

マルチは「公開」することで最大4人が協力して戦闘、勝率がぐっと上がります。特にお手伝いしてくれる方もいたりするので勝てないはずの敵に勝てる可能性が出るのがメリット。EXPやアイテムは個別ですが、お金は分配です。

EXPやアイテムが欲しいか、お金が欲しいか、でシングルとマルチを使い分けてもいいでしょう。

序盤の弱い討伐対象はマルチを待っても来ないことが多いのでシングルがメイン。

なお、敵味方の攻防1回ずつを見たら、画面のどこでも下にフリック(素早くなぞる)操作をすることでショートカット出来ます。慣れたら戦闘経過を見る必要もないのでとばしてしまいましょう。

▶討伐によりお金と経験値が短時間で稼げます。

 

探索

ダンジョンに探索、一定時間は帰ってこないので放置になります。時間のない時でも何処か探索させておくと良いでしょう。デメリットはありません。

こうしてコインのある限り討伐した後で探索に出す、探索から帰るとその間に討伐コインが回復しているので討伐…とぐるぐる繰り返すのが基本の稼ぎ方です。

 

初期探索先

Lv2~

▶荒れ平原

 

Lv4~

▶広大な砂漠

新しく行けるところは行ってOKです。基本的には、より良いもの、高く売れるものが手に入ります。

 

目標

Lvを5まで上げましょう。

すると、アイテム「綺麗な首輪」を使用することでプレイヤーのグレードが2に上げられます。

Lv6から探索に出せる「孤独の森」で拾えますが、「ショップ」>「マーケット」>「出品一覧」を見れば1,000gmで売りに出されていたりするので買ってしまったほうが早かったり。カテゴリは「特殊」、スクロールしていくと真ん中あたりにあります。

あとで拾ったら同じように出品すればOKです。グレード2から出品できます。

 

ステータス割り振りについて

私は基本的に攻撃力にすべて振っています。たまーに防御。幻獣にもよりますので、好みでOKですが「運」は考えどころです。アイテムのドロップ率に補正がかかるのですが、序盤で割り振れるポイントでは誤差の範囲です。その結果、討伐で勝てないとレベル上げがしにくく本末転倒に。

 

アイテムを売って稼ぐ

このゲーム、変化をするためにアイテムを手に入れることが目的ですが、変化可能Lvでは対象のアイテムを自力で拾うことは出来ません。

「しかし早くほしい、Lvを上げて、探索できるようになって行ってみると運が悪く中々手に入らない…。」

というジレンマに悩みます。

そこで、マーケットで出品されたものを買うのが早いわけですがコレが高い!とにかく高い。

ビックリした方もいるでしょう、高すぎる、貯金できるわけないと。

しかし、これは逆に言えば「売れるアイテムを手に入れれば大金が手に入る。」ということ。

ただし、前述のようにプレイヤーのグレード2から出品できるのでまずはグレードアップを。

 

序盤の高額品

序盤で高く売れるものとしては「消せない蝋燭」があります。付喪神から彷徨う精霊への変化アイテム。

執筆時の時価で約18万。初期としてはかなりの大金です。

入手は「孤独の森」、Lv6~誰でも手に入れられる可能性があるわけです。しかし、探索で失う時間はどんなにレベルの高い幻獣やグレードが高いプレイヤーが行っても同じです。(厳密にはアイテム入手率に若干のボーナスは出ますがそれは序盤攻略のページで。)

そのため、より高額なアイテムを狙って上位のダンジョンばかりへ行く人が多くなるなかで、どうしても変化で必要になるアイテムだけは手に入れてくる人が少ないと序盤のダンジョンのアイテムでも高価になります。転生をすることで上級者も再び最初で使う変化アイテムを何度も使うことになりますから。

 

Lv5到達、グレード2以降は次の記事で。





-ゲーム, スマホアプリ, 幻獣物語2

Copyright© ゲーム専務 , 2017 AllRights Reserved.