ゲーム専務

ゲーム情報・攻略を分かりやすく、多くの人に。

Googleアド記事上 メイン上部バナー




ゲーム スマホアプリ リネレボ

リネージュ2レボリューション 転職と二次クラス一覧

更新日:

MMORPG リネージュ2レボリューション攻略ブログです。略称はリネレボ、L2Rなど。

リリース日8/23 iPhone、Andoroid スマホ向けゲームアプリ >公式サイト

 

今回は転職後の2次クラスのまとめ一覧です。
4種族に1次クラスが3つ、そこから各2次クラスに転職可能で4種族x6の2次クラスがあります。
合計24クラスの中から予め選んでキャラメイキングしないと、あとから変更は出来ません。

ちょいと公式サイトが重かったり見づらいデザインなので記事にまとめました。

日本版のリリース前なので海外サイトや本家の職業デザインを元にした情報です。
リリース後、情報を集めながら加筆修正していきます。

【随時更新中】

始める前の注意点はこちら

リネージュ2レボリューション 始める前に

MMORPG リネージュ2レボリューション。略称はリネレボ、L2Rなど。 リリース日8/23 iPhone、Andoroid スマホ向けゲームアプリ はじめる前に初心者の方が気になる点をピックアップし ...

続きを見る

序盤攻略はこちら

リネージュ2レボリューション 序盤攻略

MMORPG リネージュ2レボリューション。略称はリネレボ、L2Rなど。 リリース日8/23 iPhone、Andoroid スマホ向けゲームアプリ インストール、ゲーム開始後に転職を目指すまでの初心 ...

続きを見る

種族の違い

スマホ向けということで本家MMOリネージュ2と比べると少ない4種族。更に性別も固定。髪型もいくつかから選べるだけでハイスペックハード向けのMMOのような自由なキャラメイキングは不可です。

大人数を同時に表示する時、キャラが豊富すぎると処理できないのでスマホでは妥協したと思われます。

顔の見た目を重視するなら種族をしっかり決めましょう。

種族ごとに、タンク、アタッカー、弓、魔法アタッカー、ヒーラーといったクラスはそれぞれ用意されています。
ただし、種族ごとに似たクラスでも明確な違いがある点は御注意を。

 

ヒューマン、男。平均的な能力。万能=器用貧乏。

エルフ、女。クラススキルによるものですが足が早いとかずるい…。

ダークエルフ、男。攻撃特化はこの子。

ドワーフ、女。HP/防御が高いタンク向き。

 

 

各クラス紹介

一次はどの種族もウォリアー、ローグ、メイジの3つから。ヒューマンローグ、エルフローグ、といった名称になります。

Lv31になると転職クエストを受注でき、クリアするとそれぞれ二次クラスの二種を選択。

大きく異なるのは覚えるスキル。ロール(役割)が同じ別種族のクラスでもスキルが違うため、大きな差が出ます。
次に装備可能武器。武器にこだわる人は要チェック。

画像の防具は一例であり、装備によって変化します。

一部スキル値が掲載されていますが、初期値であるためスキルレベルアップで上昇するものもあります。

 

ヒューマン

パラディン

ウォリアーから転職。盾役。

ヴェンジェンスは他種族と比べても広範囲の敵の攻撃を引きつける有用なスキル。
特にプレイヤーにも効果があるのはパラディンならでは。PvP(プレイヤー バーサス プレイヤー)の要塞戦などで活躍出来そう。すぐ死にそう。

スキル例
ヴェンジェンス|周囲の敵に挑発し、自分へと攻撃を引き付ける。

 

ウォーロード

ウォリアーから転職。アタッカー。双剣も装備可能だが、槍マスタリーのみある点から槍装備が有利。
範囲スタンや範囲ノックダウンで敵複数を阻害できる。

 

トレジャーハンター

ローグから転職。短剣装備。自身の回避アップと、敵の命中ダウンのスキルを併せ持つ。
更に回避時に攻撃力アップのスキルも。回避アタッカー。
回避型はハンパなステータスでは効果が薄いので特化を極める玄人向け。

 

ホークアイ

ローグから転職。弓装備。

弓クラスでは範囲系スキルが多く目立つ。

 

ソーサラー

メイジから転職。魔法アタッカー。杖装備。

パーティ全体のMP消費量50%アップ、スキル威力10%アップというコスパの悪い「マナブースト」が特徴的。
修正待ちレベルでは?

 

ビショップ

メイジから転職。ヒーラー。杖装備。

唯一、パーティのHPに加えMPを回復するスキルを持つ。(メジャーヒール)

パーティ狩りでMP維持を求められる状況下では役立ちそう。

 

エルフ

テンプルナイト

ウォリアーから転職。盾役。

イージススタンスのスキルにより他種族にない無敵(5秒)を得られる。移動速度もアップし、対プレイヤー戦でも切り札となりうる。

 

ソードシンガー

ウォリアーから転職。アタッカー。双剣マスタリーの存在から双剣が得意。

パーティ全体バフで攻撃力&防御力アップのスキルと、クリティカル率&クリティカルダメージアップのスキルがある。

バッファーであれば、装備が充実していなくても活躍しやすいので無課金、微課金でも有用。

 

プレインズウォーカー

ローグから転職。短剣アタッカー。

10回攻撃する度に攻撃速度、移動速度が上がっていくラピッドアンガーというパッシブスキルが特徴。

全種族の短剣クラスはパーティメンバーの移動速度アップを持つが、さらに早くなる。

敵の移動速度、攻撃速度、防御力をまとめて下げるトリプルスプリンターも有用。

 

 

シルバーレンジャー

ローグから転職。弓クラス。

最大の特徴は自身だけだが全クラス中でズバ抜けて速い移動速度を得られるダブルクイックステップ。
他の移動速度アップと比較して約1.3倍の速さ。

攻撃速度も上がるので、一定距離を保ちながらチマチマ弓を打つヒットアンドアウェイで近接攻撃の敵を格上でも倒したり出来る。

 

スペルシンガー

メイジから転職。魔法アタッカー。

ブリザードストームは自分を中心とした範囲の敵に5回の継続ダメージ+スタン+移動速度低下。
ずるくない?

アイススピアも移動速度低下効果持ち攻撃スキル。どちらも40%の低下。

どちらのスキルも共通してクールタイムが18秒、移動速度ダウンが5秒なのでタイミングよく交互に使えば敵は半分近い時間を移動速度ダウンとなる。

 

エルダー

メイジから転職。ヒーラー。

他種族がもっていない継続HP回復(いわゆるリジェネ)スキルを所持。

さらにパーティのクールタイムの短縮+デバフ解除のスキルや、防御40%アップを効果時間、クールタイムの関係から常時かけ続けられるというヒーラー・オブ・ザ・ヒーラー。

ホーリーファイアはヒーラーの中でも優秀な攻撃スキル。

 

ダークエルフ

シリエンナイト

ウォリアーから転職。盾役。

特徴はアクティブスキル、パッシブスキルともにHP吸収を持っていること。

ソロ能力であったり、パーティではヒーラー負担軽減にメリット。

HP回復パッシブを利用してオート放置して稼ぐ放置狩りが期待される。

 

 

ブレードダンサー

ウォリアーから転職。双剣マスタリーがあるので主に双剣アタッカー。

パーティの攻撃バフ、攻撃速度バフも使えるのでパーティ単位でのアタッカー性能向上が可能。

The 火力。

 

アビスウォーカー

ローグから転職。短剣アタッカー。

短剣における THE 火力。

クリティカル連発&クリティカルダメージ2倍の超火力スキルを持つ。

ブシャブシャ斬りつけたいシーフ、アサシン、といったイメージのスタイルを好む方に。

 

ファントムレンジャー

ローグから転職。弓アタッカー。

脅威の攻撃速度40%アップバフスキルを駆使する。

弓における最大火力…ってダークエルフは攻撃力高い種族あってどれでも火力職。

 

スペルハウラー

メイジから転職。魔法アタッカー。

魔法アタッカーで一番の火力…またかい。

純粋な火力直結スキルが多いので足止めなどの阻害が苦手。

 

シリエンエルダー

メイジから転職。ヒーラー。

攻撃スキルによるダメージの何割か味方を回復したり、味方にHP吸収バフを付与したり。

回復専門スキルがないので、格上相手にジリ貧になりそう?

 

ドワーフ

ガーディアン

ウォリアーから転職。盾役。

一風変わったスキル、ラッキーデクスタリティを持つ。パッシブスキルであり、使ったスキルのクールタイムを0にする=すぐ使えるというもの。自動発動し、15秒はラッキーデクスタリティがクールタイムに入る。使用可能になったら、次に最初に使ったスキルがクールタイム0、即時使用可能という流れ。

範囲スタンの攻撃スキルを持つので、これを上手く回せば複数の敵を長時間、拘束できそう。

 

スレイヤー

ウォリアーから転職。マスタリーの有無から主に槍アタッカー。

遠距離に飛び込んで周囲を攻撃するリープアタック、攻撃命中時に8%の確率で攻撃速度20%アップのパッシブが目立ったスキル。

ディアブロ2のバーバリアンを思い出す。

 

スカベンジャー

ローグから転職。短剣アタッカー。

最も特徴的なのはアデナサーチ。パーティの戦闘によるアデナ獲得量+23%。
有用なのかどうなのか?

敵のクリティカル抵抗を下げるスキルや、移動速度ダウン&5秒間スキル使用不可といった阻害スキルが多い。

ドラクエ3における商人ちっくな援護系クラス。

この手のクラスの最大の焦点は、援護効果が上なのか、同じ1人を火力にして狩りの回転効率を上げたほうが上なのか。

 

ウォーレンジャー

ローグから転職。弓職。

面白いのはラッキークイックステップ。パーティの攻撃時、10%で0.5秒のスタンを付与するパッシブ。パッシブでスタン、しかもパーティ全体に及ぶのは珍しい。手数の多い=攻撃速度の速いパーティに特化したら、ずっと俺たちのターン?

 

 

クォーラルウィザード

メイジから転職。魔法アタッカー。

公式には移動速度が速い、とあるがスキルでは見当たらない。クラス設定?

範囲ノックダウンスキルが3.5秒と長め。

攻撃ヒット時に15%の確率でパーティの防御があがるパッシブや、
パーティ全体の攻撃を上げるバフといったバッファとしての役割も持つ。

 

 

セージ

メイジから転職。ヒーラー。

HP回復+防御アップの回復スキル。回復量は他種族に比べ控えめ。

範囲攻撃+スタンも持つ。

ドワーフらしいデザインだが、ヒーラーとしての役割は弱いイメージ。

オススメクラス/種族別ランキング

使いたいクラス系統、武器は決まったけど種族をどうしよう…という方向け。
同系統クラスの他種族との差異で火力優先の比較をしています。
サポートを重視したい場合はこの評価ではなく、上記の各クラスの特徴から選ばれると良いと思います。

オススメのクラスは★3つで表していますがあくまで個人評価です。

分かりやすく★にしましたが、1と3では3倍の開きがあるわけではありません。
ランキングとして捉えていただければと思います。
※海外版サイトの評価を元にしています。改めて日本版プレイ後修正していきます。

また、アップデートで変化が大きいのがオンラインゲームの特徴なので優劣は必ず違ってきます。
愛のある方は評価が低くとも気に入った種族=見た目、クラスを使いましょう。
いつか脚光を浴びる日がくるかも

 

タンク

ヒューマン パラディン ★★
エルフ テンプルナイト ★★
ダークエルフ シリエンナイト ★★★
ドワーフ ガーディアン ★★★

 

 

両手武器アタッカー

ヒューマン ウォーロード
エルフ ソードシンガー ★★
ダークエルフ ブレードダンサー ★★★
ドワーフ スレイヤー

全種族とも2種を装備可能だが武器マスタリースキルの存在からウォーロード、スレイヤーは槍、ソードシンガー、ブレードダンサーは双剣が有利となる。

 

短剣クラス

ヒューマン トレジャーハンター
エルフ プレインズウォーカー ★★
ダークエルフ アビスウォーカー ★★★
ドワーフ スカベンジャー

 

 

弓クラス

ヒューマン ホークアイ ★★
エルフ シルバーレンジャー ★★★
ダークエルフ ファントムレンジャー ★★★
ドワーフ ウォーレンジャー

 

 

魔法アタッカー

ヒューマン ソーサラー ★★
エルフ スペルシンガー ★★★
ダークエルフ スペルハウラー ★★★
ドワーフ クォーラルウィザード ★★

 

 

ヒーラー

ヒューマン ビショップ ★★
エルフ エルダー ★★★
ダークエルフ シリエンエルダー
ドワーフ セイジ

 

それでも決められないアナタに

ダークエルフ ウォリアークラスで初めて、ブレードダンサーに転職で。

特に「無課金~微課金でプレイするつもり。」とか「ソロが基本」という方に。

理由その1
本作はレアモンスターのドロップでレアアイテムをゲットするにはダメージを与えたプレイヤーほど確率が上がるそう。
そうなるとダメージディーラー職が有利。

理由その2
なかでもブレードダンサーは最高火力の筆頭。バフによる火力アップについては装備品に左右されずに効果発揮されるため、無課金でも心強い。

理由その3
範囲攻撃もあるのでソロでも狩り効率が良い。

 

もちろん、アップデートでどうなるか分かりません。
しかしながら、既に海外版ではブレードダンサー最強説も根強いのでバランスよくしてほしいでござる。

ゲーム専務
私ですか?ヒューマンでパラディンの予定です。FF11でも何でも大体ヒューマン♂のナイト/パラディン。根こそぎ守りたい。死んだ時に「真っ先に死ぬ役割だから仕方ない…。」という言い訳にしたい。





-ゲーム, スマホアプリ, リネレボ

Copyright© ゲーム専務 , 2017 AllRights Reserved.