ゲーム専務

ゲーム情報・攻略を分かりやすく、多くの人に。

Googleアド記事上 メイン上部バナー




ゲーム スマホアプリ ドラプロ

ドラゴンプロジェクトってどんなゲーム?

投稿日:

いつもお世話になっております、ゲーム専務です。

ほぼ同時期に2作品のスマホRPG「ドラゴンプロジェクト」(コロプラ)と「サムライライジング」(スクエニ)が配信開始。本記事はドラゴンプロジェクトの詳細レビューです。

比較と評価だけは別記事にて。image

 

 

どんなゲーム?

まずは3行で。文章中の「白猫」は「白猫プロジェクト」のことです。

ドラゴン プロジェクト
  • 白猫の操作
  • モンハン的要素。大型モンスターハント、素材で装備強化。
  • 半オープンワールドで自動マッチング

 

imageモンハンのようにプレイヤーキャラは1人、キャラメイキングが少しあります。

 

 

 

 

 

 

 

image

大型モンスターとの戦闘が醍醐味。画面はチュートリアルのNPCですが、最大4人のプレイヤーがオートマッチングで戦闘に加わります。

 

 

 

 

 

image

クエストでは多数のプレイヤーが行き交うオープンワールドに。エリアチェンジはありますが、広いフィールドが世界に広がっています。

一度でもダメージを与えたモンスターからは複数のプレイヤーがそれぞれにドロップ品などを得られるので気にせずアイテムを取ればOKです。

ただ、目当てのモンスターが狩り尽くされると少々、待ち時間がストレスにも。

左上のレーダーは他プレイヤーとエリアワープポイントしか表示されず、モンスター、特にクエスト対象モンスターの表示をしてほしかった…。アップデートに期待です。

 

 

image

装備品はモンスターの素材で作るのが基本。ここがモンハンチックですね。アビリティはランダムでついたりします。後で高額ですがアビリティのみ変更も可能。

武器は好きな種類を3つまで、防具は頭、胴、両手、両足の4箇所を同時に装備できます。

武器は戦闘中に切り替え可能。モンハンのように動きが異なります。

武器種は片手剣、両手剣、双剣、槍、弓とこれまたモンハンチック。特徴も大体同じイメージです。

 

 

 

 

武器種紹介を含め、TIPSを並べていきましょう。
imageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

ざっとはこんなところです。イメージ湧きましたでしょうか。

片手剣がタンク(盾)として敵を惹きつけてガード(できればカウンター)しつつ、他の仲間で攻めるといった具合でしょうか。

 

その他のシステム

image

 

 

モンハンのように採集、採掘ポイントがあり、装備の作成や強化に必要な素材が取れることも。

特殊なアイテムはいらず、近づいてタップするだけです。

 

 

imageimage

 

ガチャはクエストとマギがもらえる2種類あります。

クエストは1度きりですが、マルチ可能でレア素材ゲットが目的です。

 

 

 

 

image
こちらがマギのスロット。武器は2種のアクティブアビリティ。(使うタイプ)

防具は現状、どれも丸い形のステータスアップマギがはめられます。

マギは主にガチャで手に入れることになるようです。マギの強化もできます。この場合はマギ同士を合成でレベルアップ。

好きに取り外しできるので鍛えたマギを、新調した武器に移すのはお手軽にできます。

 

 

imageクエストガチャはモンスターが出現。1度だけ、クエストに挑戦できます。その際はマルチ可。強い人に来てもらいましょう。

倒せば報酬でレア素材がてにはいり、装備もランクAやSなどを作れます。

ガチャで出るモンスターにもランクがA、Sとあり難易度、入手素材=装備品も上昇します。

 

 

 

image

image

マルチの参加側はガチャ不要、ノーコストで参加できます。素材は絞られると思いますが。また、プレイヤーが少ない時はNPCが入ってくれます。

勿論、キールームでの友達とだけ遊ぶことも可能。Lv条件を設定できるのも嬉しいですね。

 

image

imageフィールドエリアにはエリアチェンジポイントがあり、メインクエストの進行によってはロックされています。ロックが解除されると、写真の錠が取れ、グレーのクリスタルのような容貌に。エリアごとに5体など、モンスターを規定数倒すとエネルギーが貯まりロック解除、次のエリアへ移動できます。

 

 

 

 

image

メインクエストを進めると、大きなエリアが追加されガラッと違った雰囲気のステージへ。新しい敵も増えるので新素材=新武器の作成が出来るようになります。

 

 

 

 

 

image王道のExpによるレベルアップもあり、コツコツ強くなる事も可能。クエストは発生したら受注しなくても進行可能で、素材をまとめて集めてから帰るもよし、1クエストずつ集めるごとに帰るもよし。クエスト依頼内容から討伐対象モンスターのいるエリアへはジャンプできてお手軽です。(未侵入エリアは不可、近くはマップから選んでジャンプできます。)

また、いつでも即座にホーム(ロビー)へ帰れるので移動にストレスはありません。

 

 

 

imageまとめて完了させるべく、素材集め終わっての帰宅。

ただ、まだ発生していないクエストに必要なアイテムは敵がドロップしないようです?

 

 

 

 

imageエリア移動時に写真の画面が表示され、大型モンスター戦 専用バトルフィールドに入り、戦闘に突入することも。メインクエストでは100%発生するので良くみるのですが、そうでないフィールドでの戦闘中に発生することもあります。

 

 

imageフィールド戦闘中での急な遭遇、緊急バトルでは次のような準備画面が数秒間表示され、敵とLv、ドロップなどを確認できます。その場に居るプレイヤーが自動的に最大4人、バトルフィールドに入って共闘となります。緊急レアモンスターならではの装備もあるので遭遇時は是非とも勝利を狙いたいですね!

 

 

 

 
image作成した装備品は強化も可能。素材が必要です。写真はキャンペーンのボーナスクエスト(イベントクエストから受注)で手に入る素材で作れる片手剣:プレッジ・オブ・ギルド。無課金で、始めたてのプレイヤーには攻撃力の高い頼もしい武器です。

早速強化をしたいところでしょうが、素材のコモリウィングは2つ目のエリア「ラクシャード熱領」が開放されてから。メインクエストを進めましょう。ただ、+1ずつなので強化の恩恵は少なめのようです?

 

 

 

 

 

image作成時、各装備にはランダムでアビリティ(パッシブ)がつきますが自分の欲しいものがつくとは限りません。ただ、良アビリティを求めてレアな装備を何度も作りなおすわけにも…。

本作は写真のようにアビリティの「チェンジ」機能があります。必要ゴールドは高額ですが、課金通貨ではないだけ良心的。なお装備品ランクが高くなるほど高額になります。

取得可能なアビリティリストは下の写真のような具合。

 

image

付与されるアビリティは武器種、防具種による違いに加え、ランクとどの武器種モチーフかで変わります。

例えば上記のイージーグリーヴは誰でも装備できる防具ですが、大剣モチーフとなっており、両手剣強化系のアビリティがつきます。小手のアーチャーグラブ弓ダメージ上昇狙い射ち速度上昇などといった具合です。

 

さいごに

システムも初期から充実しており、クエスト自体もザコ討伐、大型モンスターとも程よい時間で終わるバランスになっておりサクサクとプレイできます。白猫のギミックをクリアしながら進むのは周回プレイになるとダルくなってくるのでそこがないのはありがたいです。

1つ気になるのは名称、グラフィック、世界観などが平凡でオリジナリティに欠ける点…魅力が少ないというところです。

今後に期待ですね!システムそのものは好みなのでハマってきたら攻略記事も上げていきたいと思います。

 

 

 





-ゲーム, スマホアプリ, ドラプロ

Copyright© ゲーム専務 , 2017 AllRights Reserved.