ゲーム専務

ゲーム情報・攻略を分かりやすく、多くの人に。

Googleアド記事上 メイン上部バナー




ゲーム スマホアプリ ダンジョンメーカー

ダンジョンメーカー 340日ボス突破(難易度6)

投稿日:

やっと340日ボスを越せました…。

その時の備忘録。

 

ダンジョンメーカーの序盤攻略はこちら。

ダンジョンメーカー 序盤攻略 目指せ100日

スマートフォン向けアプリゲーム ダンジョンメーカーの序盤攻略ブログです。 「どんなゲーム?」という方は下記記事をご参考ください。 さて、ゲームを始めたばかりで何が強いか、どうしたらいいのか分からない! ...

続きを見る

 

今回の記事の前編、340日生存達成=ボスで負けまではコチラ。

ダンジョンメーカー 難易度5 340日実績達成

ダンジョンメーカーちょこちょこやってます。難易度5 340日生存達成までは行けました。340日のボスは倒せていないです…。 難易度2、3、4、5ともに200日、300日、340日を未達成だったのでまと ...

続きを見る

 

 

やはり角笛だが、氷矢を敷き詰めました

トップの写真のような仕上がりに。テキストにすると以下です。

(戦闘部屋) 氷矢 孵化室 氷矢 氷矢
巨人3兄弟 (戦闘部屋) 氷矢 氷矢 氷矢 角笛
(戦闘部屋) 休憩室 孵化室 氷矢 氷矢

基本は氷矢で鈍化を稼ぎながらダメージ。あこや貝があれば、2,000~3,000のダメージまでの罠として機能します。

氷矢はレベルを上げやすいので、部屋を取得したら強化していきましょう。

中段、特に角笛のすぐ後ろの氷矢をメインに鍛えるのですが、レベルが上がりにくくなるので他の氷矢も平均的に上げていくとよいでしょう。強化のときにレベル上がる「▲1」という表示を目安に。

 

孵化室はモンスターを高レベルでゲットして合成により大幅レベルアップを狙ったもの。

休憩室はレベル上げても+20~30くらいなので、なくてもいいか…?とも思ったり。攻撃はともかく防御では効き目が大きいかもです。

巨人3兄弟は途中で作れたので。戦闘部屋は出来れば巨人部屋にしておきたかったけど引けなかっただけです。340日以降はHP足らない…。

 

モンスター

魔王はターニャ、権能コスト4 燃え上がる意思 で加速+集中をモンスター全体に付与し続けるだけ。

タイミングも問われず、非常に強力な効果です。構成上のシナジーは特に無いものの、単純に強い権能を持つ魔王の1体。

 

入り口の角笛はデスナイト、アラクネ、イフリート少女。

デスナイトは攻撃力を重視した装備を持たせて敵にトドメを刺して不死稼ぎをしてもらう役目。

アラクネは鈍化をばらまくためです。

イフリート少女は火傷要因。火傷によってダメージアップさせる遺物がいくつかあるので。ただ、融合できていればホワイトパンのほうが良かったです。鈍化+ダメージをダンジョン全体の勇士に与えるスキルを持っていますから。

最初の部屋は戦闘中に効果を発揮するスキルを持っており、戦闘機会を多く与えたいモンスターを配置しています。

 

その他、出来る限り融合モンスターを揃える。特にダンジョン入場時に効果を発揮してくれるスキルを持つモンスターは優先的に配置したいですね。

戦闘要員はミノタウルスキング、ミノタウルスを優先配置。出来る限り、次元門のイベントで★5にして運用しています。理想は入手後すぐに次元門で生き残って★5となり、不思議な存在などのスキルを合成強化で仕上げていく流れ。運に左右されるのであくまで理想です。

ダンジョン内モンスター全てにレベル分の蘇りを付与するフェアリーと、その下位互換である部屋のモンスター全てにレベル分の蘇りを付与するドルイドが最近のお気に入り。レベル上げを優先して、回復要因として配置しています。

 

 

遺物

必須は あこや貝。300日くらいでは遺物が全て入手され、もう繰り返し取得できる物しか手に入らないような状況にはなっていました。(解禁できてない遺物もまだあります。)

ブードゥー仮面+狂気の鎧なども取得済み。

深海の宝石(要解放)など、氷矢+あこや貝に役立つものもいくつか。

 

所感

今回、この構成で340日ボスをクリアは出来たものの巨人3兄弟部屋+魔王部屋まで侵入され結構ギリギリの戦いでした。

その後360日あたりで撃沈…。

まだ取得できてない遺物も沢山あるので、しばらくは転生レベルを上げてパック解禁作業に勤しみたいと思います。

難易度7以降の200、300、340日の実績達成もまだですし。欲をかいて難易度10でまとめてクリアしようとしていますが上手くいかないので、7から1歩ずつやっておくことにします…。





-ゲーム, スマホアプリ, ダンジョンメーカー

Copyright© ゲーム専務 , 2018 AllRights Reserved.