ゲーム専務

ゲーム情報・攻略を分かりやすく、多くの人に。

*

▶HOT! ニンテンドースイッチ ゼルダ攻略中です

カルドセプト リボルト発売間近

   

カルドセプトシリーズ最新作 リボルトが発売間近!GW-00184

機種:ニンテンドー3DS

発売日:2016年7月7日

>公式サイト

第1作プレイ時は相当にハマりました!それからも、ちょこちょことシリーズをやっております。

ボードゲームとカードゲームの良い所を組み合わせた本作、カードゲームのデッキ作成などが好きな方には間違いなく楽しめることでしょう。

下は公式のPVです。

 

カルドセプトってどんなゲーム?

ムービーを見るより読みたい方もいるでしょうし、私が書きたいのでかんたんにまとめます。

2~4人対戦のボードゲームをスゴロクのように進み、ゲイン(略称G、魔力)を最も早く目標値まで稼いだ人の勝利です。

ボードゲームだけでなくトレーディングカードゲームの要素が加わっており、ゲーム中はカードを手札として使用します。0

事前に数多あるカードから自分だけのデッキ(カード50枚の束)を任意に組み、自分のスタイルやカードの組み合わせによるコンボを考え、勝利までのイメージをしておくわけです。

誰でもわかるものに例えれば人生ゲーム、知っている方にはモノポリー、いただきストリートのバトル版、と思っていただくと近いイメージでしょう。それぞれの作品で言う「お金」が「マナ」に当たります。

GW-00187

マスに止まると、空き地であれば手札から自分のクリーチャー(モンスター)を召喚でき、自分の領地とすることが出来ます。GW-00188

自分の領地に他のプレイヤーが止まるとマナを支払わせ、得ることが出来ます。逆に相手のマスに止まると払わなければいけないので、それを拒否したければクリーチャーを召喚し、その領地の他プレイヤーのクリーチャーを倒せば支払わなくていいだけでなく自分の領地として奪うことが出来ます。

クリーチャー強化の装備カードや、支援のスペルカードなどもありカードによるコンボも無数に生まれます。

ゲームではストーリーモードでカードをゲットしたり、対戦報酬で得られるGp(ゲーム内通貨)を稼ぐことでパック購入してカードを増やすことが出来ます。トレーディングカードゲーム特有のレアカードが出るかもというワクワクも楽しめるわけです!

 

今回の大きな変更点

・新コマンド「秘術」:特定のクリーチャーがスペルカードのような能力を持ち、任意で発動できる!

・ダイスが2個になり12マス進めるなど通信を意識しスピーディなゲーム展開に!

・ブリードカードなる「自分の好みに合わせて成長させられる」カードが登場!

GW-00186

GW-00185

 

通信対戦は?

もちろん3DSなので通信対戦に対応

フレンド対戦と、オートマッチングによる だれでも対戦があります。

アリーナポイントと呼ばれるレーティングも存在し、実力が近い人同士でのマッチングが行われるようです。レーティングとは、対戦時に勝利で加算、敗北で減算されるポイント制の順位決めの方法です。カードゲームやネット対戦麻雀、オセロ、チェスなど同等レベルの戦いが楽しめるようにするために使われているスタンダードな方式です。

また、自身の容姿(ボード上でいうコマ)であるアバター、カードを収納しているブック、ダイスなどを複数種類から着せ替えのように自分好みにカスタマイズできるのも対戦に花を添える要素になっていますね。

GW-00189

 

ボードゲームなのでどうしても1戦1戦が長時間かかってしまうカルドセプトシリーズですが、本作は極力のスピーディな展開も考えられているようで、久しぶりにハマりたいと思います!

1人プレイ専用のストーリーモードもあるので、対戦前に鍛えたい人、ゲームは面白そうだけど対戦はしたくないという人も楽しめるようになっております。

事前ダウンロード販売特典はスタートダッシュVerが付属。いわゆる体験版で、製品版に引継ぎ可能なGpを稼ぐ事ができるとのこと!買って貯めておけば製品版でいきなりパック購入してカードを集められるわけです!

どこまで貯められるか分かりませんが、やるだけやってみようと思います。

▶関連記事

 - カルドセプト リボルト, ゲーム